エスクローバーカイロプラクティックオフィス
HOME>部位別症状でお悩み

腰痛

腰痛の真の犯人

失礼な話かも知れませんが、腰痛の原因は自分の生活の中に潜んでいます。
長時間の同じ姿勢やまるまる姿勢、不良姿勢、これらは人類の構造的弱点に拍車をかけます。
腰は簡単に言うと「腹筋・背筋と言った筋肉と腰の骨、靭帯」で支えられていて、また筋肉と靭帯と関節、椎間板と言った組織が柔軟に働くことによって、動く(運動)することが出来ます。
また、痛みの原因もここからきます。運動不足は基礎体力や代謝の低下を招き、筋肉の疲労は姿勢を悪くします。
不良姿勢や運動不足は関節や靭帯、椎間板の柔軟性の低下を招き老化が早まります。
老化が早まると背骨のクッションの役割をしている椎間板は薄くなります。
薄くなった椎間板の周辺の関節は動きを失って、硬く動きが少なっていく傾向にあります。
また、椎間板は日中に関節が動いて骨が刺激された分だけ、寝ている間に栄養を補給し修復します。
関節の動きが悪くなると、修復がうまく起きず十分な栄養が供給されないため、更に老化してゆきます。やがては、関節が固まり、動きを失い骨までも変形してしまいます。

カイロ

現代人の便利な生活環境により、筋力が弱まりがちです。
また偏った仕事の環境、たまに行う週末の過度なスポーツ、不規則な生活、不眠、運動不足、過労、肥満、不良姿勢などのストレスなどが加わり、いつ腰痛になってもおかしくない環境にいます。
カイロプラクティックはこのような現代人にもってこいの、自然にかなった科学的な根本療法です。
関節を矯正することにより、関節の動きがよくなり、神経生理機能が促進・活発になります。
結果、背骨の支持性や柔軟性が起こり、筋肉が正しく使えるようになり、姿勢の改善が見られます。
よい姿勢は、更なる関節の協調性や運動を招き、身体の神経生理機能が促進され、深い眠りを招き自然治癒力を活発にさせ、正常な身体機能を維持促進できるのです。
米国にいたら腰痛などの筋骨格系の問題に犯されたら、先ずカイロプラクターを紹介されるでしょう。
欧米諸国ではそれだけ背骨のドクターとして、権威があるのです。
なぜ権威があるのかは、2000時間以上の高度な基礎医学教育と2200時間以上の高度なカイロプラクティック教育(合計4200時間以上)を受けているからです。国際基準(WHO基準)のカイロプラクター(カイロの先生)なら安心・安全、同じ腰痛でも個人差にあわせ行うので、痛くは有りません。

腰痛の種類
 
慢性的な腰痛

通常、何ヶ月かにわたり腰痛を持っている状態を慢性腰痛といいますが、数ヶ月間ずっと痛いわけでなく、痛かったり痛くなかったりを繰り返すことが多いようです。
腰がちょっと張る感じや、腰が重たいという症状など様々で、長い間の力学的ストレスによるものが積み重なり、常に腰が張っている(こっている)感じや、常に腰が重い、腰が痛くて伸ばせないと言った症状を訴え、腰痛の大半を占めています。
実際には、よくなったり、悪くなったりの繰り返しで、常に腰が張っている感じや、常に腰が重い、腰が痛くて伸ばせないと言った症状に至り、最終的にはよくなる(治る)機会を失い慢性的に腰痛に至ってしまうケースです。

当院にて比較的多い慢性腰痛の症状を挙げます。
  • 腰のある部位が痛い
    → 構造的な問題 ⇒ 関節・靭帯・椎間板・筋肉
  • 腰全体が重い、なんとなく重い
    → 筋肉・筋膜・靭帯・その他から波及する問題
  • 腰(腰周辺)がピリピリする
    → 神経や皮膚の問題
  • 長時間座っていると腰が痛くなる
    → 骨盤や下部の腰の関節・筋肉・筋膜・靭帯の問題
  • 長時間立っていると腰が痛くなる
    → 下部の腰の関節・股関節、筋肉・筋膜・靭帯・重心の問題
  • 長時間歩くと腰が痛くなる
    → 骨盤や下部の腰の関節の不安定性や股関節、膝・足の関節、筋肉・筋膜・靭帯、足の長さの問題
  • 中腰になると腰が痛くなる
    → 筋肉・筋膜・靭帯・椎間板・腹圧の問題や筋力の低下
  • 重たいモノを持つと、グキッとなりそうな予感がする
    → 骨盤や下部の腰の関節の不安定性・筋肉・筋膜・靭帯・椎間板・腹圧の問題や筋力の低下 慢性腰痛の原因は様々です。下記のいくつかの状態が重なって起こることもあります。

慢性腰痛の原因は様々です。
下記のいくつかの状態が重なって起こることもあります。

  • 腰椎・骨盤の歪みなどの骨格・関節の異常
  • 腰や骨盤の筋肉の張りや緊張や筋力低下
  • 足(腿)の筋肉の張りや緊張や筋力低下
  • 姿勢の問題
  • 生活習慣でのクセ(足を組むなど)
  • 疲労、睡眠不足
  • 股関節や膝、足首の骨格・関節の異常

比較的多く見られるのが、腰椎・骨盤の関節の異常(歪み)による腰痛です。腰は5つの骨で形成され、椎間関節と軟骨(椎間板)、靭帯で連結されています。
また骨盤は3つの骨で形成され、無数の靭帯とで連結された「仙腸関節」と呼ばれる関節があります。この関節の動きが悪くなると、周りの筋肉にも負担がかかり腰痛を起こすケースがあります。

典型的なお話をしましたが、腰痛の原因は人それぞれですので、まずは状態を検査・分析して調べることが大切です。
慢性の腰痛は膝や足、首や肩の問題を2次的に引き起こしやすくしますので腰痛を軽く考えず、早期回復、改善・再発防止・予防に努めましょう。

一時的な改善であったり、すぐに戻って(再発)してしまったりなかなか改善が見られないため、整骨院や整形外科などの対症療法に満足できない人達がカイロプラクティックを利用しています。
慢性腰痛の治療には、カイロプラクティックが最適ですのでおすすめします。

当院での施術

腰の張りや緊張、こりが症状を起こしているとしても、さらに原因を追及すると骨盤や腰椎の問題を抱えていることが多く見られます。
そのような場合、お薬やマッサージ、電気治療や牽引をしても、一時的な改善であったり、すぐに戻って(再発)してしまったりなかなか改善が見られないため、カイロプラクティックで腰椎矯正(調整)や骨盤矯正(調整)をしたほうが早い改善が見られます。

また、その他の骨の病気、骨折、腫瘍などがありますが、それほど頻繁に見られるわけではありません。また腰痛には内臓の問題が隠れていることもあります。腰痛を起こす可能性がある臓器は主に泌尿器系(腎臓など)や生殖器系(子宮などの婦人科系疾患)があります。これら内蔵の異常で起こっている腰痛は、筋肉・骨格が原因で起こる腰痛と似ている部分もあるため、まずは腰痛の原因を探ることが不可欠です。

エスクローバーカイロプラクティックでは、背骨の状態を整えることとはもちろん筋肉のバランスを改善することで根本から肩こりを改善していきます。
仕事の都合上、どうしても再発してしまうような方には、姿勢改善やリハビリテーションプログラムを提供していますので、ご相談下さい。

当院では内臓の病気ではない機能的な内臓の問題に関しては、特殊な施術方法を用いています。慢性的な腰痛でお悩みの方は、エスクローバーカイロプラクティックにご相談ください。

 
ギックリ腰(急性腰痛)

重たいものを持った瞬間や、中腰で後ろを振り向こうとしたときなどに、腰に急激な痛みが走ります。あまりの痛みに動けないという方が多く、強い痛みが特徴です。

重いものを持ち上げたり、身体をひねったり、疲労時に咳やくしゃみをしたりした時、突然腰痛が起こることを急性腰痛(ギックリ腰)と言います。
ギックリ腰は昔から『魔女の一撃(ドイツ語)』とも言われ、あまりの痛さに動くこともできなくなることも多く見られます。ギックリ腰は様々な場面で起こります。
重たいモノを持ち上げた際や腰をひねった瞬間など、「グキッといった感覚」が分かる場合がほとんどです。ギックリ腰の場合、腰の筋肉の一部を痛めてしまったり、腰の軟骨(椎間板)や靱帯を痛めてしまったり、関節を痛めていたりします。
痛みは突然でも、その原因は以前からの筋疲労や不良姿勢の問題などです。
あまりの痛さで重症だと決め付ける方も少なくないですが、病気でない限りはきちんと分析してカイロプラクティック治療を行うと早期改善が見込めるケースが多数見られます。

当院にて比較的多いギックリ腰の症状を挙げます
  • 突然何かの不慣れなことをした際に激しい腰痛が襲ってきた。
  • 安静にしていると少し楽だが、痛くて身体を動かすことはできない。
  • 寝返りも困難
  • まっすぐ立つことができない。
  • 身体が曲がったままで伸びない。
  • 手を膝についた状態でしか立てない
  • 歩けない(歩行ができなかったりする)家では、はいはいでいる。
  • ちょっとした振動や動作で腰に響く。
  • 車や電車の振動が腰に響く

ギックリ腰の場合、明らかな症状の原因やきっかけがあることがあります。
典型的な例をあげると

  • 中腰で重たいものを持った時
  • 後ろを振り向こうと体を捻った時
  • 朝前かがみで顔(髪)を洗っていた時
  • くしゃみをした瞬間
  • 長時間かかんで作業をしてしばらくしたとき
  • 寝不足が続いていた。(不眠・不休で何かを行った)

このように日常生活の様々な場面で起こります。
これらの動作で直接腰の関節や筋肉を傷つける場合もありますが、多くの場合は以前からの筋疲労や不良姿勢の問題などです。
元々腰に疲労が溜まっていて、腰の筋が弱っているところにちょっとした刺激(腰を捻ったなど)が加わって発症するケースや常にまるまる格好(不良姿勢)により椎間板や靭帯が悲鳴を上げ起こります。
『いつもの何気ない動作なのに今回ギックリ腰になった』となど・・・
『いつもの何気ない動作』が積み重なり、悲鳴をあげた結果かも知れません。

特に多く見られるのは「椎間板の問題」「腰の関節」「仙腸関節」という骨盤の部分を痛めることです。また腰の筋肉の一部が損傷している状態もよく見られます。

当院での施術

ギックリ腰では筋肉の挫傷や腰の関節、骨盤の関節の捻挫が比較的多く見られます。
炎症が強い場合は対症療法にて治療を行います。
それ以外の場合は関節や筋肉の調整(矯正)や痛みから逃れる姿勢、緊急回避(逃避姿勢)の解除、コントロールなどを行い、早期回復を提案させていただきます。

どのような症状でも原因を探り早期の治療開始が大切ですが、ギックリ腰は早めにカイロプラクティック治療を開始すると、2週間程度で回復しやすくなります。
痛みが治まってきて、ある方向に動かすと楽になり、ある方向に動かすと痛みが出ると言う段階で体操や腹筋運動などのリハビリを開始し、腰痛改善と再発防止やその他の二次的症状が起こりにくい身体作りを目指します。

ギックリ腰は「季節の変わり目」に多く見られます。
季節の変わり目には外的環境の変化に身体が対応するために、自律神経や代謝の変化、内臓の活動過程などの様々な身体的ストレスがかかってきます。

ギックリ腰は急性の内臓疾患でも起こります。病気ではないぎっくり腰に関してお悩みの方は、エスクローバーカイロプラクティックにご相談ください。

問い合わせ